ARTERIA|アルテリア・ネットワークス株式会社|2017年度新卒採用サイト

エントリーする|ENTRY

CAREER STORY 技術系社員 寺嶋 則仁 2013年入社
ソリューション部
レジデンシャルソリューション課 課長

PAST~今までの経験~

ネットワークエンジニアのキャリアは当社と同業の通信キャリアでテクニカルコールセンターを担当したことから始まりました。通信業界を中心としたエンジニアリングのアウトソーシング業務を行う会社で、障害対応や保守運用、社内サーバに繋げるためのネットワーク設計等幅広い業務を経験しました。
経験を重ね、請負先の自社システムの立ち上げ業務にも携わるようになりましたが、立場はあくまでも業務請負で、提案しても思うように業務遂行ができないことにもどかしさを感じていました。自社のネットワークに直接関わり自分で考え、設計・構築・運用したいという思いが強くなり、当社への転職を決意しました。

PRESENT~現在について~

現在はひとつの組織をマネジメントする立場です。
しかし、現在でも、ネットワークエンジニアとして新サービスの設計の際にはメンバーと一緒に最適なネットワークを考え、自身の知識を共有し継承しています。
一方でマネジメントとして、メンバーのビジネススキルを伸ばすことも意識しています。
ネットワークを設計し実運用にのせるには他部署との連携が必須であり、相手に意図や目的が端的に伝わる資料を作ることが求められます。しかし、エンジニアの性分として、分かり易く伝えようと思うほど、詳細な資料を作ってしまうことが多々あります。受け取る立場からするとそれらは不要な情報であり、混乱の原因にもなるのです。様々な失敗や経験を通じて、簡潔に伝える力を身に付けることで相手との距離が縮まり、様々な調整がし易くなることを学びました。

FUTURE~これから~

今後はIoT(Internet of Things)が急速に拡大します。通信インフラを自社で保有している当社だからこそ、「モノ」を作るメーカーと共同開発しながら、新しいネットワークサービスを提供できると考えています。市場で求められているものを常に意識し、ネットワークと繋ぎ合わせることでエンドユーザーの期待に応えていきたいです。
もちろんマネジメントの力も伸ばしたいと考えています。特に若手育成は組織にとって大切です。次世代ネットワークが主流となる日も間近に迫っている今、自分で考え、何をすべきか、確固たる判断基準を持って行動できる人材が必要だと考えています。また、市場のスピードが速いからこそ、効率的に相手に伝え理解してもらうことが大切です。自身の業務のみ集中するのではなく、視野を広げチームワークの中で相手が必要とする情報の本質はなにかを考え、伝えられる人材を育成していきたいです。