ARTERIA|アルテリア・ネットワークス株式会社|2017年度新卒採用サイト

エントリーする|ENTRY

CAREER STORY 技術系社員 武井 将 2012年入社
IPエンジニアリング部

PAST~今までの経験~

大学卒業後、大手通信キャリア様を中心に請負業務を行っているIT企業に入社し、ネットワークエンジニアのキャリアがスタートしました。法学部出身でネットワーク知識はゼロ。業務を通じて少しずつ知識を習得し、わからないことや新しい技術を覚えるため業務終了後や土日を利用して学習に励みました。新しいことを知るのはとても楽しく、入社2年目にはお客様先へひとりで訪問し対応できるぐらいのネットワーク知識を得ることができました。
その後、1年程は現在の業務に近い自社サービスの開発、設計に携わりましたが、そこでは回線やバックボーンを自社保有しておらず、他社通信事業者の回線を借りてお客様へサービス提供していました。他社の回線を使用するということは、その規格に沿った提案をする必要があります。お客様のニーズに合ったサービスを提供することに限界を感じ、全国区で自社回線、バックボーンおよびデータセンターを保有する当社を希望し転職しました。

PRESENT~現在について~

自分が身につけた知識で人の役に立つ仕事をしたいと思っていました。現在の職務は、通信の“インフラ”を自らの手で作り出すことであり、希望していたことができていると実感しています。
入社してから現在まで、当社サービスの標準規格となる新規ネットワークサービスの開発、設計に携わっています。イメージするのは難しいと思いますが、ネットワークにも様々な種類があり、とても速いスピードで次世代ネットワークが生まれています。当社では最新技術を学べる展示会や講習会に参加する機会がありますし、技術資格試験の受験支援や研修等、学習し続けられる環境があります。お客様が求めているものを常に意識し、変化し続ける通信トレンドに対応していくため、企画部門やメーカーと協力し、最適で高品質なサービスを提供し続けていくことが求められていると感じています。

FUTURE~これから~

エンジニアになりたての頃、最先端技術を使ったネットワークを設計し、お客様に喜んでもらえると自信をもってサービス提供したところ、実際には担当者様が頭を抱え落胆されたことを今でも覚えています。振り返ると、お客様のニーズを全く捉えておらず、自己満足でしかありませんでした。お客様のニーズに応えるには、解決すべき課題を的確に捉え、チーム全員が同じ目標を共有することが大切です。
大きなプロジェクトでグループリーダーを担当し、自分に足りないものが何かを学びました。プロジェクトに関わる全員がベクトルを合わせ、各々の特長を活かし、達成感をもって業務に取り組めるよう、チームを引っ張っていける存在となり、お客様の期待に応えるサービスを提供し続けたいと思います。