ARTERIA|アルテリア・ネットワークス株式会社|2017年度新卒採用サイト

エントリーする|ENTRY

先輩社員の働き方|WORK STYLE

技術系社員の1日

2016年新卒入社
オペレーション部
大貫 琳子

サポート窓口がスタート

迅速な対応と、適切な回答が求められます。

メイン業務は一般的に言うテクニカルサポートです。コミュニケーション力はもちろん、当社のサービスであるネットワーク知識も必要となります。エンジニアや営業とは違う立場で、直接お客様の声を聞けることに魅力を感じ配属を希望しました。
コールセンター内での管理・運用は電話対応だけでなく、メールでの問い合わせもあります。時間を要する案件には、朝一で着手し最小限の時間でお客様へ回答できるように心掛けています。

OJT研修① 知識習得

プロフェッショナルなテクニカルサポートを目指し、
技術知識を学びます。

入社後すぐにネットワーク技術基礎研修を受講し、当社で働く上で必要不可欠な知識を習得しました。
知識がほぼゼロの状態でスタートし研修中は辛いと感じることもありましたが、技術資格試験合格という目標があり、座学だけでなく実際のネットワーク機器に触れながら短期的に集中して基礎を習得できたことは、とても貴重な経験であったと自信を持って言えます。
とは言えまだまだ学ぶことは多く、どのような道筋で回線が繋がっているのか、どのような手順で原因追及するのか等をOJTで学びます。理解度を確認しながら進めていただけるので質問もしやすいです。

OJT研修② 社内オペレーション理解

システムを使いこなすことが大きな鍵となります。

お客様対応は所属する部署、チームだけで完結することはできません。浅くとも広く会社全体を理解することも大切です。お客様からの問い合わせ内容を正しく理解し、適切な部署に迅速に展開することを目指しています。
また、業務で利用しているシステムの理解を深めます。必要な情報を効率よく見つけ出すことで、お客様をお待たせする時間を減らし、サービス向上に努めています。

OJT研修③ ロールプレイング研修

オペレーターとしての基礎を学びます。

電話やメールのみでお客様対応をすることは、直接会って話をするより難しいことだと日々実感します。
応対手順や言葉遣いのテクニックは知識として学べますが、ちょっとしたニュアンスや声の感じでお客様が何を求めているのか、どう対応すべきかは、実務の中で試行錯誤しながら経験値を積み上げています。商品サービスひとつとっても理解不足を懸念し不安も多いですが、最後まで対応できた時は嬉しく、達成感があります。

ビジネス文書の作成

簡潔に伝わることを心がけています。

社内外ミーティングの議事録、お客様へ提出する報告書、社内マニュアル等様々な文書を作成します。
ビジネス文書研修は新入社員研修プログラムとして受講しましたが、実践で学ぶことはたくさんあります。研修で学んだ基礎知識を踏まえながら、「誰」が読む文書なのかを意識して作成に取り組んでいます。

先輩社員からのメッセージ

研修制度は期待以上に集中して様々なことを学べました。各種公的資格受験にはプレッシャーもありましたが、それ以上の価値があったと思います。特に当社のサービスであるネットワークについて学べたことは大きな財産です。
入社直後から先輩社員がサポートをしてくれる体制があり、人間関係で悩むことなく働きやすい環境だと感じています。だからこそ一日でも早くチームに貢献したいという気持ちが自然と湧いてきます。