ARTERIA|アルテリア・ネットワークス株式会社

English

  1. 外資系通信事業者様

外資系通信事業者様

自社で保有する国際海底ケーブルを使って、都内の複数の通信センターで日本向けに企業向通信サービスを展開している通信事業者様のケース。
新サービス導入にあたり、新たな回線容量が必要だが、既存キャリアの回線は価格が高く、新サービス導入の足かせとなっていた。
国際海底ケーブルと都内の通信センターを結ぶバックホール回線にSDH/SONET専用線をご提案したところ、信頼性の高い回線が従来より低価格で調達ができたとして、新サービスの順調な立ち上げに貢献。顧客増加による回線容量追加にも柔軟に対応してもらっており、助かっているとの評価をいただいた。バックホール回線に専用線を導入

お客様の業種 通信事業者
導入時の課題 通信コストを見直したい
導入したサービス

SDH/SONET

  • 導入の概要

導入フロー

導入の背景

新たな回線容量が必要だが、既存キャリアの回線は価格が高い。

 

当社の提案

国際海底ケーブルの陸揚げ局から都内の通信センターまでの冗長構成のSDH/SONET専用線を提案。 ほとんどの陸揚げ局や都内のデータセンターは自前ファイバ入線済みであり、短納期での提供を提案。

 

導入のポイント

完全冗長の信頼性の高い回線が低価格で提案されたこと。

短納期での提供がコミットされたこと。

導入の効果

信頼性の高い回線が従来より低価格で調達ができた。

短納期での導入により、新サービスが順調に立ち上がった。

顧客増加による回線容量追加への柔軟な対応が可能となった。

ネットワーク構成図

ネットワーク構成図

今回導入したサービス

SDH/SONET
SDH/SONET
2拠点間を結ぶ広帯域・高信頼なSDH/SONETインターフェースの専用線サービスです。

PAGE TOP