ARTERIA|アルテリア・ネットワークス株式会社

English

  1. 札幌市消防局様

札幌市消防局様

VECTANT SDMで救急現場のタブレット端末管理とコンテンツ配信の一括管理を実現。重要情報のタイムリーな配信で増加する救急出動を支援。

東京23区とほぼ同じ広さの札幌市は、約200万人が暮らし、また北の玄関口として、多くの観光客が訪れる都市でもある。札幌市消防局は、札幌に暮らす市民や観光客の安全を守る救急業務の効率化とサービス向上を目的に、救急車へのタブレットの配備を決定。同時に、モバイルデバイス管理サービス「VECTANT セキュアデバイスマネージメント(以下、VECTANT SDM)」を導入した。

お客様の業種 官公庁
導入時の課題 モバイル端末を管理・活用したい
導入したサービス

セキュアデバイスマネージメント(VECTANT SDM)

  • インタビュー
  • 動画

導入の背景

増加する救急出動と多言語対応の必要性

 札幌市消防局では、32の救急隊が24時間365日出動態勢をとる。119番に救急要請があると、GPS上で要請場所から最も近くにいる救急車が出動。現場では患者の観察や処置と並行して、携帯電話で病院に受け入れを要請し、受け入れ可能な病院に患者を搬送し、引き継ぐ。
 出動から帰着までの所要時間は平均1時間程度だが、戻る暇もなく次の現場へと出動要請がかかることも珍しくない。2016年中の救急出動件数は91,426件で、初めて9万件を超えた。10年前と比べると約1万6千件増加しており、今後も増加が見込まれている。
 また、最近顕著なのが、外国人傷病者の増加だ。「札幌市が外国人観光客誘致に力を入れており、今後も外国人の方は増えると考えられます。ですが、救急隊員も多言語に堪能なわけではなく、コミュニケーションは大きな課題の一つです」(村西氏)
 増加する救急出動に加えて多言語対応などの新たな課題にも対応するため、札幌市消防局は「ICTを活用した消防と医療の連携強化事業」を立ち上げ、他自治体などの事例も参考にしてタブレットの配備を決めた。「タブレットは携帯しやすく、一つの端末で複数の役割を果たせることから、さまざまな課題への対応が可能になると期待していました」(村西氏)

村西 拓海 氏
札幌市消防局
警防部救急課
柳原 卓 氏
札幌市消防局
警防部救急課

導入の経緯

管理者による一括設定が必要

 タブレットなどのモバイル端末を導入するのであれば、当然ながらその管理が必要となる。紛失時のリモートロック、リモートワイプ(遠隔消去)機能や、ウェブブラウザのフィルタリング設定、セキュリティソフトなど、基本的な管理は当然として、導入にあたって問題となったのが、「設定を誰が行うか」である。最近のタブレットはプリインストールのアプリが多数入っているが、現場の隊員が迷わず使えるよう、デスクトップ画面に必要なアプリだけを表示する機能が必要だった。また、アプリの更新なども全ての端末に対して同じタイミングで行わなくてはいけない。「こうした設定を救急隊が自ら行うのは現場にとって負担となるため、管理者が一括して行いたいと考えました」(村西氏)

 

端末管理とコンテンツ配信を1つの管理ソフトで

 札幌市消防局の課題として、増加するマニュアル類の管理があった。従来は印刷したマニュアルや資料をファイル化し、各車両に搭載して参照していたため、資料の更新も大変であり、場所を取り非効率だった。また不定期に発生する交通規制や病院からの通知を移動中の救急車に配信する方法が無く、情報の共有が遅れる可能性があった。
 そこで導入されたのが、アルテリア・ネットワークスのVECTANT SDMだった。「基本的な端末制御に加えて、マニュアル配布やテロップによる情報通知機能を備えており、タブレット本体の設定、アプリやコンテンツの配信を本部の管理者が遠隔で行えるMDM(モバイルデバイスマネジメント)製品を探していました」(村西氏)
 導入にあたっては、救急現場でストレスなくスムーズに運用できるよう徹底的に課題を洗い出し、タブレット本体とVECTANT SDMの機能で現場にとって最適な設定と運用を模索した。

導入の効果

冬季アジア札幌大会で早速効果を実感

  VECTANT SDMの法人デスクトップ機能を利用し、必要なアプリ、ブラウザショートカットのみをデスクトップ上に配置することで専用端末化し、業務を円滑に進められるよう設定を行った。外国人傷病者とのコミュニケーション支援用に、消防大学校消防研究センター及び国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) と共同開発した多言語音声翻訳アプリ「救急ボイストラ」をデスクトップ上に配置した。タブレットの運用を開始した2017年2月には、冬季アジア札幌大会が開催された。雪まつりの時期と重なったこともあり、外国人傷病者が普段の月より多く、期間中に22名の外国人傷病者に翻訳アプリを使用した。「今まで日本語でコミュニケーションが取れない患者さんとは身振り手振りを交えてコミュニケーションをとっていたのですが、タブレットの導入でコミュニケーションがスムーズになりました」(柳原氏)と、現場の隊員からも好評だった。
 また、大会の10カ所以上の会場図やマニュアルをすべて電子化して配信した。救急隊は臨時救護所など通常とは異なる場所に向かう必要があったため、タブレットですぐに配置を調べることができたことは大いに役立った。

 

重要な情報をタイムリーに漏れなく共有

 タブレットのストレージには、各種マニュアルのほか、医療機関ごとのルール、空港や大規模商業施設などの詳細な地図、交通規制などの情報が保存されている。紙に比べて車内で場所をとらず、検索も容易になった。変更や差し替えも管理者が即時に一斉配信できるので、変更漏れがない。交通規制など、臨時で配信される重要な情報にはテロップ機能を活用している。「デスクトップ画面に表示されるので見落としがなく、テロップをタップしてドキュメントを確認できる機能が思っていた以上に便利で、重宝しています」(村西氏)
 懸念された隊員のタブレット操作の習得についても、昨今ではスマートフォンを個人で所有している隊員も多く、共通化された画面の使い方を覚えるまでにほとんど混乱はなかったという。「むしろ、どんなことでもタブレットを見れば最新情報が分かるので、現場からは業務改善につながったと評価されています」(村西氏)

sapporo_image_01

今後の展開

画像情報を医療機関と共有

 次の課題として、札幌市消防局では、患者の怪我や心電図の画像を医療機関と共有することを検討している。「患者さんの症状や怪我の状態などは現在電話で伝えていますが、音声ではなかなか伝えるのが難しいこともあります。救急車内でタブレットのカメラで撮影した画像を医療機関に伝送することで、より正確な情報が伝えられるようになります」(村西氏)
 タブレットを活用した札幌市消防局の取り組みは、全国の自治体や消防局からも注目されている。また、救急ボイストラは、外国人来訪者の増加を踏まえ、消防庁が推進する「情報難民ゼロプロジェクト」の一環として、全国の消防本部に対して活用促進が通知された。「現場にとって必要なアプリとコンテンツの配信、本部にとって必要なセキュリティが備わった端末管理を同時に1 つのソフトで実現できるので、端末管理ソフトを導入して良かったと思っています」(村西氏)
 街の安全・安心を守る仕組みの一端を、「VECTANT SDM」が支えている。

 

  • (注)記載内容(組織名・所属・役職・サービス名等)は、すべてインタビュー時の情報です。

【VECTANT SDMサービス提供元】

isb_logo

 

【ソリューションパートナー】

nihonrad_logo

お客様概要

札幌市消防局様
10消防署41出張所で、200万人が暮らす札幌市の安全を守る。24時間365日体制の消防・救急・救助業務だけでなく、市民向けの防災教室や救急救命講習の開催、市内消防署による出前講座、地域消防団活動の支援などを行っている。

今回導入したサービス

セキュアデバイスマネージメント(VECTANT SDM)
セキュアデバイスマネージメント(VECTANT SDM)
ビジネスへのタブレット活用をサポートするモバイルデバイス管理サービスです。

PAGE TOP