ARTERIA|アルテリア・ネットワークス株式会社

English

  1. IRポリシー

IRポリシー

ディスクロージャーポリシー

①基本方針
当社では、金融商品取引法等の諸法令および東京証券取引所の定める適時開示規則に沿って、透明性、公平性、継続性を基本とした迅速な情報開示を行います。

②情報開示の方法
適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開するとともに、同システムにより公開した後は、速やかに当社ホームページにも掲載することに努めてまいります。

③将来の見通しに関して
当社の開示資料の中で、将来の計画、見通し、戦略などにつきましては、作成時点で入手可能な情報に基づき当社の経営者が合理的であると判断する一定の前提によるもので、リスクや不確実性を含んでおります。実際の業績は様々な要素により、これら見通しとは大きく異なる結果になる可能性がございます。

④沈黙期間
当社は、決算情報(四半期決算情報を含む)の漏洩を防ぎ、かつ情報開示の公平性を確保する観点から、各決算発表日前3週間を沈黙期間と定めております。この期間は業績に関するコメントやお問い合わせに関する一切のコメントを差し控えさせていただくほか、個別ミーティング、会社説明会の開催を控えさせていただきますのでご了承ください。ただし、沈黙期間であっても、発生した事象が適時開示に該当する場合には適時開示規則に従い公表いたします。

⑤社内体制の整備について
当社は本ディスクロージャーポリシーに則り、諸法令や適時開示規則に従った適切な情報開示を行うために、社内体制の整備・充実に努めております。


免責事項

掲載情報に関して
 当ウェブサイトに掲載している情報については、当社が現在入手している情報に基づいておりますが、当社は、その内容の正確性を含め、一切の保証をしません。当ウェブサイトに掲載している情報に関して、当社は細心の注意を払っておりますが、掲載した情報に誤りがあった場合、第三者によるデータの改ざん等があった場合、データダウンロード等によって障害が生じた場合等に関し、事由の如何を問わず、当社は一切責任を負うものではありません。


当ウェブサイトの運用に関して
 当ウェブサイトは予告なしに運営の中断、中止や内容の変更を行うことがあります。
また、通信環境やお客様のコンピュータの状況、その他の理由により当ウェブサイトを正常に利用できない場合があります。これらによって生じた如何なるトラブル・損失・損害に対しても当社は一切責任を負うものではないことを予めご了承ください。

PAGE TOP