人財採用部 座談会 CROSS TALK

アルテリア・ネットワークスでは多種多様な人財が活躍していますが、インフラを担う企業だけに、事業も、そこで働く人の姿も、なかなか社外からは見えにくいかもしれません。しかし、企業の力を生み出すのは一人ひとりの社員であり、そのつながりです。その原石となる人を採用し、育てる役割を担っているのが人財採用部です。そこで、ここでは人財採用部のメンバー4名が、“人”という側面から自社について語り合いました。

  • 森脇 晶代
    人事本部
    人財採用部
    部長
  • 河西 悠理
    人事本部
    人財採用部
  • 菅 汐里
    人事本部
    人財採用部
  • 戸澤 章子
    人事本部
    人財採用部

これからの人財に
期待するもの

森脇
まず、大きな視点で、思いつくところから伺ってみましょうか。今、どのような人財に期待していますか。個人的な思いを聞かせてください。
河西
まだ新人だからといったことをあまり意識せず、失敗を恐れずにチャレンジできる人ですね。また、新人、若手だからこそ「ここをこう変えた方が良い」と気づく部分があると思うんですね。そういう点を恐れず指摘して欲しいと思います。
私も同感です。若手社員には面白い意見が沢山あると思うのでどんどん発信してほしいです。加えてこの会社には温かい、アットホームな社風があって、私自身が就職活動の中で体感し、感銘を受けた経験があります。これから当社にお越しいただく方も、他者を思いやれる人財であって欲しいです。
森脇
私もお互いを尊重して仕事をすることは大事だと思います。更には、当社だけでなく、業界全体をリードできる広い視野も必要ですね。
河西
もう一つは信頼を築く力ですね。
今、当社で活躍している人を見ても、自分の部署だけでなく、部署を越えてさまざまな人を巻き込み、仕事を遂行する力があるのが一つの特色です。
戸澤
同感です。部署を越えてチームワークで問題を解決できる人。
河西
戸澤さんは中途採用担当ですが、その視点からはどんなことを感じていますか。
戸澤
中途の場合、即戦力性が主に求められますので、業務に必要なスキルや技術が前提になりますが、加えてチャレンジ精神が欲しいと思います。もちろん、現状に満足せず、より良くしようとする姿勢は新卒でも大切だと思いますが、中途の場合はチャレンジする目標が具体的です。
森脇
そこには当社の事業や社会の変化も関係していますね。当社はインフラ事業なので、「守り」を大切にしてきました。誠実、確実に業務を遂行する人財が多かったし、その重要性は今も変わりません。しかし従来のサービスに加え、より高いレイヤーであるアプリケーションまでサービスの領域を広げようとする動きもあります。となると、変化を促す「攻め」の人財、変革を推進できる人を如何に採用し、育てるかが今後、大きなテーマになってくると思います。
戸澤
当社は常に世の中になかったサービスを創り、提供してきた会社でもありますが、今も通信を取り巻く環境は、クラウド、AI、IoT、5Gと様々な変革が起こっており、ネットワークの新しい可能性を広げています。
私がITや通信の業界に興味を抱いたのも、新しいことが次々に起こる業界であることが大きかったですね。ちょうどスマホが普及し始めたばかりで、こうした製品も通信が繋がっているからこそ利用できることを感じていました。
河西
私が入社を決めたのも、社員が魅力的だったことと、変化が感じられる業界だったことがあります。
魅力的な社員と一緒に働き、変化の激しい業界に身を置くことは、自身を成長させる環境として適していると感じました。

確かな説明で
学生の不安を解消したい

このコロナ禍をきっかけに、通信業界に興味を持ってくれる方も増えたように感じています。
河西
そうですね。私たちの学生さんへのアプローチの仕方はそれほど変わっていないと思いますが、昨年と比べて反応がとても良いですよね。
森脇
本当にそうですね。新型コロナの影響を受けにくい産業に関心が向いたのでしょうか。
確かに今の学生さんは、ITリテラシーが高く、ITツールやSNSを使いこなしているので、それを支える通信を身近なものとして伝えると、理解してもらいやすいですね。
河西
一方で、新型コロナの影響のため、就職活動で直接当社にお越し頂いたり、社員に会ってもらう機会が減ってしまうことについて、不安も感じています。私たちはB2Bのビジネスモデルでカタチのない商材を扱っていますので、法人のお客様がどの様にインターネットやネットワークサービスを利用するのか、イメージが掴みにくいと思います。そのため、私たちとしては極力分かりやすい説明を心掛けたいですね。
森脇
そうした不安を取り除くのも私たちの役割ですからね。
河西
「営業部門への配属志望ですが、ネットワークの知識がなくても大丈夫でしょうか」といった質問もよくいただきます。
森脇
会社説明会のなかでも、技術については未経験でも大丈夫ですよとお伝えしているので、そこで不安が払拭できるといいですね。当社ではまず入社後の技術研修で基礎的な技術知識を身に着けてもらい、更に配属後も先輩社員からのOJTや勉強会で学んでいますので、安心してチャレンジいただきたいですね。
戸澤
中途の場合もそうですが、私はキャリアを自分で考え、選択していける環境が大切になっていくと思っています。そうした自律的なキャリアアップを支援する環境づくりに、人事として役立てれば嬉しいと思います。

働きやすさを支援する
各種制度も充実

森脇
具体的な制度についても学生さんの関心は高いですね。例えば女性の働き方について、です。
河西
育休があるだけでなく、育休からの復帰率100%。これは誇っていいことだと思います。
戸澤
育休取得率も100%ですね。男性で取得されている方もいます。
女性に限らず、社員をサポートする制度も充実していますね。
河西
リフレッシュ休暇(有給休暇とは別に年5日休暇が取得可能)、在宅勤務、スーパーフレックス、Self-Biz(最低限のルールを守れば服装は自由)などで、柔軟な働き方が実現できることも知って欲しいですね。
戸澤
社内公募制度といって、キャリアを会社だけでなく、主体的に決めていけるようなチャレンジを促す制度もあります。中途採用で社外に公開するポジションを社内にも公開し、社員自ら自分のキャリアを考え、応募できる仕組みです。これまでにエンジニアが技術を語れる営業に転身したり、お客様に一番近いところにいた営業がより良いサービスを作りたいと企画に異動したケースが出てきています。今後もこうした自律的なキャリア形成がもっと増えると嬉しいですね。

合否と関係なく、この会社を
好きになってもらえるように接したい

森脇
では今後みんながどのような気持で採用に取り組んでいきたいかも聞いていきましょう。
私自身は「「一人でも多くの方にアルテリアを知ってもらいたい」、「当社のファンを増やしたい」」という気持を持っています。なので、採用した方はもちろん、残念ながらご縁のなかった方にも、この会社を受けて良かった、出会って良かったと思ってもらえるような瞬間を作っていきたいといつも思っています。CX(Candidate Experience)は、私が採用としてのキャリアを歩み始めたときからの信念でもあるんです。河西さんはどうですか。
河西
入社後、こんなはずではなかった、となるようなミスマッチがないようにしたいですね。せっかくご縁があって入社していただくので、長期的にご活躍いただきたいです。また、学生さんが入社後に実現させたいこと、実現させるための環境が当社にはあるのか、といったことを私達とのコミュニケーションを通し、相互理解を深め、ご納得していただいたうえでご入社いただきたいですね。そのためにも、学生さんが本音で話せるよう、信頼関係を築いていくことを心がけています。
戸澤
中途入社される方は、何かやりたいことがあり、できる場を探して来る方が多いです。そのため、何をされたいのか、前職ではなぜできなかったのか、などを丁寧にお聞きしています。その結果、当社に入社され、「今、やりたいことができています」と言われる瞬間が一番嬉しいですね。
就職活動は人生において非常に重要な時期。自分の就職活動を振り返ると、、先が見えなくて気持が揺れることもありましたし、今、お会いしている学生さんからも、大変さを感じることも多いです。その就職活動で最初に出会うのが私たち採用担当。だからこそ、学生さんが安心して話しやすいと感じてもらえる存在になりたいですね。
森脇
私たちも誠実に、そして温かく、この会社に関心を持ってくださった学生さんたちに向き合っていきたいですね。一人でも多くの、将来の仲間にお会いできることを楽しみに、採用の仕事に取り組んでいきましょう。