第一営業本部 高橋 小百合 INTERVIEW

高橋 小百合
第一営業本部
エンタープライズ営業部
2019年入社
経営学部卒

B2Bの事業に魅力を感じて就職活動を行い、会社説明会での丁寧な説明や面接での対応の良さから、人柄と雰囲気に惹かれ、アルテリア・ネットワークスに入社を決める。現在、直販営業およびパートナー営業に携わっている。

Q1.現在担当している仕事を
教えてください。

エンタープライズ営業部で、株主でもある丸紅グループの企業を顧客とするチームに所属しています。直販営業もパートナー営業もあり、お客様の業種もさまざまです。具体的な業務は、メール、電話、ウェブ会議などを活用したお客様との要件などの確認、見積書、構成図、提案資料などの作成、回線担当との調整や情報共有など。VPNを提案する場合は社内のSEと連携して行います。エンタープライズ営業部には、直接お客様にご提案する直販、代理店を通じてご提案するパートナー、双方の営業スタイルがあり、お客様の業種も様々です。私は丸紅グループを担当するチームに所属し、主にクラウドやセキュリティ技術を扱う企業を担当しています。
具体的な業務はメール、電話、ウェブ会議などを活用してお客様と要件などを確認したり、見積書・構成図・提案資料などを作成したり、回線担当との調整や情報共有など多岐に渡ります。VPNを提案する際は社内のSEと連携して行っています。

Q2.どんなところに仕事の
難しさを感じますか。

お客様が最もお困りになっていることを聞き出すこと、それに対し、当社として提案できる解決策を考え出すことです。
例えばお客様がネットワークの管理に負担を感じていることが分かった際は、回線のご提供と共に、保守・運用まで含めたマネージド・サービスと合わせるなど、より的確にご提案できるように努めていますが、お客様が何にお困りになっているのか、そのままお伺いしても、まず答えは返ってきません。そのため、まず仮説を立てたり、お客様が必要とされているサービスの用途や、その背景をお伺いすることで、課題を引き出せるように心掛けています。

Q3.入社してからどのように仕事を
学んでいきましたか。

まずは新入社員研修のなかで約3ヵ月間、技術について学びました。文系出身の私でも座学や実機を使った研修があり、最後はネットワーク関連の資格を取得することができました。
また営業本部に配属されてからも実務レベルの技術研修を受けました。
実際に先輩に同行してお客様を訪問するようになると、指導を受けつつ、特定の部分の説明を任されるなどして慣れていきました、仮説検証を意識してご要望をヒアリングすること、サービスの用途や背景を明らかにしていくことも、そうした中で学んだことです。
大変だったのは新型コロナのため、2020年の4月から2カ月ほど全面的に在宅勤務になったこと。それまでは、分からないことがあっても、すぐに隣の先輩に気軽に質問できていましたが、自分が何を理解して何が分からないのか、質問を整理するところから始める必要があり、最初は戸惑いました。
しかし、ビデオ会議、チャット、電話など様々なコミュニケーションツールを駆使し、先輩と密にコミュニケーションを図り乗り越えることができました。6月上旬からは50%出社となり、ウェブ会議などにも慣れ、現在は問題なく業務をしています。

Q4.初めての受注について
教えてください。

システムを提供されているお客様に対し、クラウドPBX(内線電話管理システム)のサービス利用時に必要となるVPNを回線やルーターも含めて販売することができました。先輩にも同行してもらっていましたが、初回のご訪問からご提案まで一貫して対応してきたので、受注したときは部長や課長にも祝ってもらえて、今までにない達成感がありました。
更に嬉しいのはこのお客様との仕事が続いていることです。私が販売した商材はクラウドPBXを自社利用するためのネットワークですが、他用途のネットワークについても、何かとご相談をいただいています。

Q5.どんな存在を
目指したいですか。

相談しやすい、頼られる存在になりたいですね。入社時は営業職しか視野にありませんでしたが、研修を受けて技術への興味が高まり、今は技術知識の豊富な営業職を目指しています。
当面は営業に必要な知識やスキルを増やしつつ、技術知識についても少しずつ身につけていきたいと思います。