ARTERIA NETWORKS RECRUITMENT
ENTRY

部門を越えた協力体制で
お客様の通信インフラを支える

村瀬達矢

法人営業統括本部
パートナー営業第一部

Tatsuya Murase

Who?

より大きなマーケットでの
挑戦を求めて

大学では総合政策学部に在籍し、「有用な情報を効率的に集め、適切に処理・分析し、意思決定に役立てていくこと」を学んでいました。収集した情報から最適解を導き出すアプローチ方法は、社会人になった今も活きています。また、学内ではTA(Teaching Assistant)として、コンピュータを用いた授業の講師補佐を行い、人に伝えることの難しさを実感。正しく教え、伝えるために、まず自身が理解を深めることを大切にしてきました。

就職では、企業情報システムを扱うゼミで学んだことや、TA、携帯電話販売のアルバイト経験によって、IT業界を志望。その中でも、ネットワークは絶対に必要なものであり、長い目で見て自身の糧になると考え、地元の通信キャリアに就職しました。直接販売の営業としてお客様や地域に密着したサービスを提供し、経験を積む中、もっと大きなマーケットに挑戦してみたいという思いが強まり、これまでの知識・経験を活かしてさらなる成長ができる場と考え、当社に転職しました。

What?

お客様に寄り添い、
ニーズに応える

入社後は、前職で経験しなかった間接販売の営業手法を身に付けたいという希望もあり、パートナー営業部に配属となりました。パートナー営業は、代理店(パートナー企業)の営業活動を支援し、その先のお客様企業(エンドユーザー)に当社のサービスを届けます。

まずは、パートナー企業に当社のサービスを理解していただき、選んでいただくことが必要です。そのために、競合他社との違い、当社だからこそ提供できる強みを活かした提案を意識しています。当社サービスの導入が決まった後は、パートナー企業の、エンドユーザーに向けた営業活動を支援します。エンドユーザーの業種・業態は幅広く、パートナー企業の営業担当者から得る情報を基に各々のニーズを的確に捉えることがポイントとなります。そこでは、直販営業としてお客様と直接対話し、その気持ちに応えるために行動してきた経験が大いに役立っています。

With whom?

密な社内連携と、
きめ細やかなお客様フォロー

お客様のご要望について親身に考え、希望納期や条件、構成に柔軟に応えていくことに、当社の強みがあると思います。営業と技術部門が連携し、密に話し合い、運用・保守までワンストップで提供しています。そのような仕組みが安定稼働にも繋がり、お客様満足の向上にも貢献できているのではないかと思います。

営業の仕事は提案活動を経て案件を受注することである、とイメージする方が多いかもしれませんが、それだけではありません。回線を構築するデリバリー部隊や運用・保守を担当するオペレーション部隊などの後工程を考え、提案・構築・運用・保守の一連の流れが円滑に進むよう、社内外の調整を行います。工事が難航しそうな時には、早めにお客様に状況を説明しフォローすることで、お客様が社内調整等に積極的に協力してくださることもあります。そうした結果、お客様のご要望を満たす納期で開通できたときには、大きな達成感があります。

Why do you work?

「ありがとう」の積み重ねが、
やりがいにつながる

問合せや相談に迅速に対応し、お客様からいただく「ありがとう」、技術部門での工程が円滑に進むよう協力し合ったときに、社員同士で伝える「ありがとう」。感謝の言葉の積み重ねが、CS(お客様満足)にもES(従業員満足)にも繋がると思います。

当社には、わからないことがあっても周囲がサポートしてくれる環境があります。新卒入社社員も中途入社社員も、これまでの経験や強みを活かし、できるところからチャレンジして輝いています。自ら発信すると周りが後押ししてくれるため、思い切って活動できるのがよいところです。

これからは、会社合併のシナジー効果を最大限に生み出すことに貢献したいと考えています。それには、常識にとらわれない発想と柔軟性が必要です。これから入社される皆さんにも、自分の意見をどんどん発信してほしいと思います。よい形で新しい風を吹き込んでもらえることを期待しています。

※掲載内容は取材当時のものです

Interview

技術系

Mayu Miyakoshi

技術系

Ryohei Takagaki

技術系
キャリア

Masaki Aoki

営業系

Yuki Nakamura

営業系

Tatsuya Murase

営業系
キャリア

Makoto Kobayashi