ARTERIA NETWORKS RECRUITMENT
ENTRY

ネットワークで
新時代を創る

小林 睦

法人営業統括本部
エンタープライズ営業部 部長

Makoto Kobayashi

Who?

ネットワークの
重要性に着目

学生時代は本当に精一杯楽しんだというのが正直なところです。飲みにいったり、旅行したり、サーフィンしたり・・・。翌日の心配などせずに、よく遊びました。一方で数多くのアルバイトも経験。建設現場での日雇い労働、飲食店、アパレル企業での事務など、さまざまな職業の実際を垣間見ることができたのは、大きな財産だと思っています。

新卒で就職した会社は、国の研究所や半導体メーカーが利用する精密機器のメーカーです。大学は工学部出身ですが、私は研究・開発よりも外で人に接する仕事をしたかったので、最初から営業志望でした。やがて半導体業界は不況に。一方、IT企業は外資、ベンチャーなども含めて急成長しました。そのとき、「ネットワークについてのスキルがあれば、どこに行っても通用する」と考え、ベンチャー的なスピリットにも惹かれて、当社に転職しました。

Since2005・・・

いきなりの大型案件で
鍛えられる

入社してからずっとVPN関連のサービスに携わっています。中途とはいえ、入社初日にいきなり大型案件の営業担当を任されたのには驚きました。私は異業種から入ったので、最初は飛び交う用語もわからず、不安はありましたね。

必死でこの案件に取り組み、また上司ほか、周囲の方々の助けも得て、たくさんの苦労を乗り越え、案件を受注することができました。また、この仕事を通じて、通信サービスについてのリテラシーも身に付き、短期間で急成長することができたと思います。入社したばかりの私に大きな仕事を任せてくれた上司には今も感謝しています。この企業様とは現在もお取引させていただいていただいており、このとき懸命に向き合ったからこそ、長期的なお付き合いがあるのではないかと思います。

When?

パートナーと共に
推進するビジネス

続いて2年目からは、パートナーとのアライアンスで当社のサービスを販売する業務につき、複数の新規パートナーの立ち上げに携わったことが、新たな成長へのきっかけになりました。それまではサービス提案に注力していましたが、当社のサービスを売っていただくために、いかにパートナーの価値向上を実現したらよいのかを考えるようになったからです。日々のコミュニケーションを大切にし、必要な情報を発信、会社としての方向性を示し、パートナーの信頼を醸成して、意欲的に取り組んでもらおうとしました。

Now what?

フットワークを活かし、
お客様の期待に応える

現在、エンタープライズ営業部に所属し、管理職として、主に多店舗展開している企業にVPNサービスを直販しています。お客様は店舗数が多いうえ、最近は店舗が売上、棚卸し、顧客などのデータを拡充させる傾向にあるため、大容量、低価格が求められるようになっています。

私の業務に関係の深い部署には、ソリューション本部のセールスエンジニア、事業戦略本部のサービス企画を担当する部隊などがあります。仕事を通じて、コミュニケーションやタイムリーな情報発信などの大切さは学んできましたが、今でもこれらを常に心掛けています。またメガキャリアと比べ、当社はフットワーク、柔軟性に優れていると感じます。今後もそうした強みを活かし、お客様の期待に応えていきたいと思っています。

※掲載内容は取材当時のものです

Interview

技術系

Mayu Miyakoshi

技術系

Ryohei Takagaki

技術系
キャリア

Masaki Aoki

営業系

Yuki Nakamura

営業系

Tatsuya Murase

営業系
キャリア

Makoto Kobayashi