1. 法人向けトップ
  2. ニーズ・目的から探す
  3. セキュアにクラウド接続したい

セキュアにクラウド接続したい

AWSやMicrosoft Azureをはじめ、グループウェアや会計、ERP等のソフトウェアもSaaSとしてクラウド上で提供され、クラウドサービスの活用は当たり前になってきています。そして、ほとんどのクラウドサービスは、インターネットを介して提供されます。各クラウドサービスの提供事業社にて、セキュリティ対策は行われていますが、端末やオフィスからクラウドへ接続する際、ネットワークのセキュリティ対策はそれぞれの企業にて行う必要があります。

アルテリア・ネットワークスのご提案

セキュアにクラウド接続したいお客様には、「セキュアクラウドアクセス」をご提案します。
「セキュアクラウドアクセス」には、閉域VPN(クローズドIPネットワーク)を用いて接続する「共有型」と、専用線(ダイナイーサ、ARTERIA光 専用線アクセス)を用いて閉域接続する方法「専有型」の2パターンをご用意しています。
 

VPN接続とは

VPN接続は、中継網を複数ユーザーで共有するため、セキュリティや安定性を確保しながらコストを抑えられる点が最大のメリットです。VPN接続は専用線と異なり、すべての拠点で通信が可能です。また、一般的に拠点間の距離によってコストが変動することはありません。

専用線接続とは

専用線接続では、その名の通り利用者専用のネットワークを構築します。専用線は一社で完全に通信を独占できるため、信頼性・安定性が高く、大容量のデータを確実にやりとりすることができます。一方、専用線は距離と帯域によりコストが高額になり、複数箇所と接続する場合、より多くのコストがかかってしまうというデメリットがあります。


【関連サービス】  

活用事例 その1

メインもバックアップも安全なネットワーク環境を構築

メイン回線は安全性を考え専用線での接続で構築したが、バックアップ回線がインターネットVPNでは心配というお客様には、メイン・バックアップ回線共にセキュリティ性の高い閉域ネットワークで構築が可能な、セキュアクラウドアクセスで、システムのクラウド移行も安心です。

モバイルからもセキュアにクラウド接続

閉域ネットワークを介してクラウドサービスに接続ができるセキュアクラウドアクセスに、閉域VPN接続サービスを組み合わせることで、モバイル網からクラウドサービスまですべて閉域でセキュアなネットワーク環境の構築が可能です。

 
【関連サービス】

活用事例 その2

 

オンプレミスとクラウドでハイブリット環境を構築

オンプレミス環境とクラウド環境へのアクセスは、閉域VPNサービスと閉域クラウド接続サービスでイントラネットを構築することで、セキュアな環境を維持しながら、ストレスのない利用が可能です。


【関連サービス】