1. トップページ
  2. 会社情報
  3. アルテリアグループの多様な働き方

アルテリアグループの多様な働き方

制度

スーパーフレックスタイム制度

一律に始業時間や一日の就業時間を決めるのではなく、それらを個々の社員の業務や生活状況に合わせて自由に決める制度です。ワークライフバランスの調和を図りながら効率的に働くことができます。必ず会社に出勤していなければならない時間帯(コアタイム)は設定せず、より柔軟な働き方を実現しています。

テレワーク制度

自宅等で業務を行うことができる制度です。社員が個々のワークスタイルを確立し、フレキシブルで効率の良い業務ができる環境を用意しています。通勤時間の有効活用や業務効率向上など、制度利用による様々な効果を得ています。当グループでは、月最大10日間まで利用が可能で、また全部門で制度を利用することができます。

リフレッシュデー

毎週水曜日は出社時間に関わらず、17:30の定時退社を推奨しています。社員の退社後の過ごし方は様々で、例えば、語学習得・資格取得に向けた勉強など自己研鑽に励んだり、スポーツクラブやジムで体を動かし、心身共にリフレッシュをしたり、家族でゆっくりと夕食を共にしたり、個々のプライベートの時間を過ごしています。また、社員一人一人が定時退社を心掛けることにより、業務効率向上の一助ともなっています。

育児時短勤務制度(小学校3年生まで)

育児中のため勤務時間を短縮できる制度 です。当グループの育児時短勤務制度は最大で2時間短縮して働くことができ(実働5.5時間可能)、子どもが小学3年生になるまで利用が可能です。このほかの制度に、育児休職(女性社員の取得率は100%)、子の看護休暇があります。このように、アルテリアグループでは仕事と育児の両立を実現できる環境を整えています。

時間外労働時間(法定外)

各種制度の活用により、月間の時間外労働時間(法定外)の平均は約12時間(2018年度実績)となっております。

Self-Biz

服装に関する制度です。社員自らが発想豊かで新たなアイディアを創出し、自分で考え行動する文化を醸成することを目的としてカジュアル/フォーマルといった区分を撤廃し、最低限のガイドラインを示したうえで、社員一人ひとりが最適と思う服装を選択して着用できるようにしました。