1. トップページ
  2. 会社情報
  3. サステナビリティ

サステナビリティ

サステナビリティ基本計画

アルテリアグループは、「2022年3月期-2026年3月期 中期経営計画」において、働き方改革・SDGs対応を通じて地球に貢献する経営を推進することを経営戦略骨子として掲げ、2022年3月にサステナビリティに関する基本計画を策定しました。
このサステナビリティ基本計画をもとに、当社グループは本業とする情報通信サービスの提供等を通じて、持続可能な世界の実現に貢献するための活動を推進しております。

サステナビリティ基本計画の概要

当社グループは、独自のネットワークアセットと柔軟性・機動力を強みとしたサービス等を通じて、持続可能な世界の実現に貢献してまいります。
その活動の中で、社員ひとりひとりの夢・ステークホルダーの想いを実現していく企業集団であり続けます。

下図はアルテリアグループが動脈・心臓としてその鼓動を、マテリアリティを通じて、地球をはじめとするステークホルダーに伝えることで、サステナブルな世界に貢献していくことを示しています。

マテリアリティ

サステナビリティ基本計画で定めた6つのマテリアリティは以下のとおりです。

 

マテリアリティ

2030年までに目指す姿

KGI・KPI

SDGs
マッピング

高品質な
情報通信サービス

多様化するお客様のニーズや、市場トレンドを先取りしたサービスを企画・提供している。
高品質なブランドイメージが確立できている。

・ 高品質なサービスの提供拡大

・ 新たな顧客需要に対する新サービスの開発

・ 回線サービスにおける高い可用性の維持

環境負荷の低減

グループ全員が気候変動リスクを認識し、CO2削減のための施策を公私において自発的・積極的に実施している。

・ ISO14001認証取得・適用範囲拡大

・ 業務車両のEV/FCV化

・ 用度品調達における環境対応商品の割合増加

・ ボランティア活動推進

社会課題の解決

高品質な通信サービスの提供をはじめとする当社グループの様々な企業活動を通じて、社会が直面する課題の解消に意欲的・積極的に取り組んでいる。

・ 教育・医療・公共分野でのサービス拡大

・ インターンシップや寄付講座による情報通信教育の推進

ジェンダーを意識しない働き方

グループ全員が多様性を受け入れ、ジェンダーを意識せずに働いている。

・ 女性労働者の割合増加

・ 女性等役員の登用・管理職比率の増加

・ プラチナえるぼし認証の取得を目指す

健康・柔軟な働き方

社員が自身を取り巻く環境に応じ、場所や時間をより柔軟に選んで快適な環境で働いている。
社員が心身ともに健康に働いている。

・ プラチナくるみん認証の取得を目指す

・ ハラスメントの撲滅

充実した
学習環境

人生100年時代の到来を見据え、社員一人一人が自身のライフビジョンをふまえ、リカレント・リスキリングを通じて、やりがいを感じながら会社に社会に貢献できる人財としてあり続ける。

・ リカンレント・リスキリング研修制度の導入

活動計画・方針

2022年4月より、代表取締役社長を委員長としたサステナビリティ委員会を設立し、基本計画の実現に向けた活動を進める予定です。この基本計画は、大なり小なりではありますがグループ全役員・従業員参加のもとで時間をかけて作り上げました。各人の担当業務等を通じて、このたび定めた基本計画を一歩ずつしっかりやり遂げてまいります。また、刻一刻と変わり得る地球環境や国内外の情勢等をふまえ、本計画も柔軟に見直しを加えつつ、最適なサステナビリティ活動を推進してまいります。