1. 法人向けトップ
  2. ニーズ・目的から探す
  3. 輻輳によるインターネット遅延を解消したい

輻輳によるインターネット遅延を解消したい

 DX(デジタルトランスフォーメーション)の進展、IoTの普及、テレワークの推進。様々な事象のデータ化が進み、ネットワークを流れるデータトラフィックの量は飛躍的に増大しています。これにより、企業のネットワークにおける輻輳が問題になっており、その対策が急がれています。
 

輻輳とは

ネットワークの混雑を輻輳と呼びます。
インターネット接続における品質低下・速度遅延の原因は、回線事業者の網内にある網終端装置(インターネットの出入口)で、ユーザのトラフィックが輻輳していることによるものです。 この装置は回線事業者の所有であり、プロバイダー(ISP)側で拡張することができない為、根本的な改善が難しいのが現状です。

輻輳とは

輻輳で困ること


ネットワークで輻輳が起こるとトラフィックが正常に流れない為、「インターネットの閲覧ができない」「クラウド上の業務ツールが動かない」「ユーザーに提供しているサービスサイトが固まる」といった事象が発生し、ビジネスに多大な影響を及ぼしてしまいます。
 

輻輳とは
 

アルテリア・ネットワークスのご提案

アルテリア・ネットワークスではお客様の環境や用途に合わせて選択可能なサービスを複数ご用意しております。代表的な解決方法を例に挙げ、ご提案いたします。
 

回線を専有型にする

輻輳によるインターネット遅延を解消したい

近隣ユーザーの影響を受けやすい「共有型」のインターネット回線から、1本の光ファイバーをお客様ごとに提供する「専有型」のインターネット回線に切り替えることで、安定した通信を実現します。
 

【関連サービス】  

回線速度を増速する

回線速度を増速する

増大するトラフィックも余裕をもって捌ける回線速度(2.5Gbps、5Gbps、10Gbps)にすることで、インターネット接続のボトルネックを解消します。
 

【関連サービス】  

トラフィックのルートを変える

輻輳によるインターネット遅延を解消したい

従来のPPPoE方式での接続から、IPoE・IPv4 over IPv6方式での接続に変更することで、混雑する網終端装置を避けて直接インターネットに接続することが可能となるため、混雑が起こりにくくなります。


【関連サービス】  

導入事例

株式会社ソフトクリエイト様
ソフトクリエイト様ロゴ

通信のボトルネックとなるインターネットへの出入口を、専有型の10Gbps回線にすることで輻輳を回避!

ソフトクリエイト様構成図