情報システム本部 宮本 茂春 INTERVIEW

宮本 茂春
情報システム本部
IT戦略部
2009年入社
大学院 電気電子工学専攻卒

分野にはこだわらず、エンジニアを目指して入社した。以来、情報システムの設計や構築に携わっている。現在は主に、アルテリア・ネットワークスがVNE事業者として事業を行う上で必要なシステムの開発・導入に取り組む。

Q1.現在担当している仕事を
教えてください。

自社システム部門で、主に、新規事業やサービスに関わるシステムの開発・導入、既存システムの運用・改修などに携わっています。私が担当するのは、OSS(Operation Support System)と呼ばれる分野です。例えば当社はVNE(IPv6ネットワークをインターネットプロバイダーに販売する)事業者ですので、そのサービス提供に必要なインフラを開発、整備しています。また少し前までは、マンション向けインターネットサービスのためのシステムも手がけていました。サービスや業務の要件から、システムに必要となる要件や機能を検討し、開発ベンダーとの調整などを一貫して行っています。

Q2.この仕事の特色を
教えてください。

通信事業に関するシステムは非常に多くのユーザーに影響を与えます。そのため責任も大きく、高い精度が要求されます。また、当社のように自社回線を提供する企業では、新しい業務の構築とシステム開発を同時並行で行うことも多いのが特色です。
さらに当社ではこれまでは個々のサービス、業務に合わせてシステムでスクラッチ開発することがほとんどでしたが、開発ベンダーに外注したり、パッケージを導入するやり方に変わってきています。
中でもVNE事業に関するシステムは関係者が多く、他キャリア、開発ベンダーなどとの調整業務も増えています。いろいろな人の意見や視点を取り入れ、合わせていくことには苦労します。

Q3.仕事をするうえで
大切にしていることは何ですか。

課題管理表を作成して一つひとつ課題を解決する、システムで解決できないものは代替案を出す、など、想定外のことが極力起こらないように考え尽くすようにしています。それでも仕事を進める中で新たな課題は出てくるものです。新しいシステムを作ることが技術的には可能でも、既存システムとの整合性の点からできない場合もありますし、部署や人により考え方も多種多様で意見が異なる場面や、目的は同じでも業務上望むことが異なるケースもあります。
課題解決に向けては、多くの人の意見を調整しなくてはなりません。そのためには本質からぶれずにコミュニケーションを取ることが大切です。相手の話をよく聞いたうえで、表面にとらわれず、本来の目的は何か、を考え、客観的に、冷静に判断したいと思っています。

Q4.技術の進展も
速いですね。

常に新しいサービスやシステムを提供することが求められる世界なので、新しい知識、情報、スキルなどを獲得していくことが必要です。パッケージの利用、クラウドの利用、セキュリティの重要度の拡大など、技術の動向も多種多様ですね。
また、当社には、NWインフラや保守、セキュリティ部門など、各分野に特化した部隊が存在します。プロジェクトメンバーとして各人が得意な領域で協力しながら、技術的な問題や課題を解決していくことも非常に多いです。

Q5.自分が成長したと感じた
仕事は何ですか。

入社して数年の頃、当社の電力一括受電サービス「とくエネ」の業務を、他社へ移管するプロジェクトがあり、そのシステム移管を任されました。最初は責任の重要性ばかりに囚われネガティブな思考になっていましたが、この仕事をやりきり、それまでの経験やスキルを自信に繋がるきっかけとなりました。どのような状況下でも自分がすべきことを考え、実行しその結果をアウトプットしていく。この積み重ねが、周りからの信頼や自分の自信の元になるものだと思っています。自分の考え方や行動に、良い意味で気付きや変化を持つことができたプロジェクトでした。